HOME > 将来の進路
身につけた力を、あらゆる職場で。国内外のあらゆる企業が、世界と話せるあなたを求めています。

グローバル・コミュニケーション能力を身につけた人たちは、固定概念にとらわれず、柔軟で豊かな思考力と広い視野を持ち、異文化に適応することができます。また海外での留学体験などを通して、「どこに行っても大丈夫」という自信を備えているため、優れた行動力を発揮することができます。

このような力を備えた人は、外国語を活用する職場はもちろんのこと、あらゆる業界のあらゆる職場から必要とされています。すなわち、あなたの進路はこの学部から大きく広がっているのです。


将来どんな仕事に就いたとしても課題に対して前向きに取り組み、周囲と関係を築きながら、良い結果を出すことができるでしょう。

日本人の若手グローバル人材の充足状況

  • 外資系企業をはじめとする企業の国際部門へ
  • エアラインなど旅行・観光・運輸分野へ
  • 中学校・高等学校など教育の現場へ(語学教員)
  • 公務員として国際交流、国際協力等の部局へ
  • 国際公務員、NPO・NGO職員として海外へ
  • 外国語のスペシャリストとして通訳・翻訳の現場へ
  • キャリアサポート
    キャリアセンターでは、全学生のキャリア実現のために手厚いサポートを行っています。とくにグローバル・コミュニケーション学部生のために次のようなサポートを計画しています。

    ①留学経験のある学生の採用を希望している優良企業の紹介・合同説明会の案内

    ②グローバルな職場に向けて効果的に自己をアピールするエントリーシートの書き方についての指導・相談

    ③外国語の学びに意欲的な学生への課外講座開講など

    進路実現についての個別相談を、いつでもキャリアセンターで受けることができます。
    卒業生 INTERVIEW
    外国人と日々触れ合える環境を生かし、本物のコミュニケーション能力を磨いてください。
    日本航空株式会社 キャビンアテンダント
    川上 千晶さん
    2013年 神戸学院大学 経済学部卒
    私はいま、客室乗務員として働いています。
    航空機の中では、外国人のお客さまとコミュニケーションする機会も多いのですが、特に安全上の注意などはどの国から来られたお客さまにも間違いなく、しっかりとお伝えしなければなりません。そのようなときに重要なのは、単なるインフォメーションにならないよう、お一人おひとりに心を込めてお伝えすることです。
    皆さんが語学力だけでなく、自分の意志を確実に相手に伝える「発信力」を身につけておくことは、航空業界で働く際に役立つでしょうし、きっとそのほかの業界においても重要な意味を持つと思います。

    採用担当者 INTERVIEW

    グローバル化が進むビジネスの世界。海外で新しい市場を切り拓ける人材を、あらゆる業界が求めています。
    B&B LABEL AND FLEXPACK
    代表 松本 隆雄さん

    ビジネスでは、常に新しいお客様をつくり、新しい市場を切りひらいていくことが求められます。少子高齢化で日本国内の市場が縮小する中、これからはますます、海外に出てビジネスを広げていかなければなりません。
    私は長年商社に勤め、アジアや中近東のお客様に向けて紙製品などを輸出してきました。海外駐在も長く、朝から晩まで英語を使って生活していました。文化もビジネススタイルも異なるお客様を相手に、新しいビジネスを展開していくためには、日々の決まった仕事に流されるのではなく、自分から創造的に流れをつくり出していく力が大切です。
    また、何か新しいことに挑戦するときは、周りからの反発や否定的な意見もついてくるものです。しかし、それに屈していては何も始められません。固定概念にとらわれず、グローバル社会の中で新しいことに挑むチャレンジ精神と実践力を身につけてください。そうすれば、どんな業界でも活躍できるはずです。

    Profile
    1975年4月、伊藤忠商事㈱入社。
    シンガポール支店、香港支店勤務などを経て、1997年10月、ITOCHU PULP&PAPER ASIA 社長就任。2007年6月、伊藤忠紙パルプ㈱執行役員 国際本部長。紙の輸出入、三国間貿易などに携わる傍ら、次代を担うグローバル人材の採用活動にも積極的にかかわってきた。2013年12月から、B&B LABEL AND FLEXPACK 代表。